事業継続方針・内閣府レジリエンス認証 BCP(Business Continuity Plan)


  • 【事業継続方針】

     ポポロプラント株式会社(以下、「当社」といいます。)は、工場設備、プラント関連の3D設計・製作、各種構造解析、3Dレーザー計測、3Dモデリングを主な事業としております。
     万が一、台風・地震などの自然災害、新型インフルエンザ等の感染症、テロ、紛争等 不測の事態が発生し「事業継続を脅かす事態」と判断した場合、速やかにBCP(以下、BCP:Business Continuity Plan)を発動して人命最優先の基、社会的責任を果たすべく重要業務の継続を行ないながら、他業務の早期復旧に向けて取り組むと共に被災した地域の復旧・復興支援を行ない、地域社会に貢献して参ります。


    1)事業中断の防止ならびに是正
     当社は優先して継続・復旧すべき事業を明確にし目標復旧時間内に事業が復旧出来る様、事業の中断に関するリスクを十分に認識・分析し事前対策を講じ事業中断の防止を図って参ります。又、事業継続に影響を及ぼす新たな脅威を察知した際には遅滞なく是正処置を講じて参ります。

    当社におけるBCPの適用範囲は下記の通りとなります。

    <BCPの適用範囲>
    ・組織:ポポロプラント株式会社
    ・施設:武蔵小杉本社(神奈川県川崎市中原区新丸子東2丁目908番地4)
        袖ケ浦サテライトオフィス(事業復旧地:千葉県袖ケ浦市蔵波26-1)
    ・事業:プラント設計・製作、構造解析、3Dレーザー計測、3Dモデリング
    ・資産:上記事業に係わる全従業員、各種設備機器

    2)事業継続に関する意識と組織対応能力の向上
    当社はBCPに関する教育並びに演習を定期的に実施する事により事業継続に関する意識・組織対応能力向上を図って参ります。

    3)法令、国が定める指針その他の規範の遵守
    当社はBCPの策定にあたり事業継続に関する法令、国内外の指針、その他の規範等を遵守します。

    4)お問い合わせへの対応
    当社における事業継続の取り組みに関するお問い合わせについては下記の窓口にて承ります。

    <事業継続に関するお問い合わせ窓口>
    a)責任者:代表取締役 社長 前川 光久
    b)所在地:〒211-0004 神奈川県川崎市中原区新丸子東2丁目908番地4
    c)電話番号:044-750-7013
    d)e-mail:maekawa@poporo.co.jp

    5)BCPの継続的改善この方針に基づき策定するBCPに付きましては事業内容の変化、社会情勢、内外から寄せられるお問い合わせの内容を 十分考慮し継続的に改善して参ります。

    制定日:2019年4月1日
    改定日:2020年7月1日
    代表取締役 社長 前川 光久



    【内閣府レジリエンス認証取得】
     当社 ポポロプラントは2020年7月29日 内閣府国土強靭化に伴う「内閣府レジリエンス認証」を取得致しました。 事業継続 BCP(Business Continuity Plan)について外部専門組織より災害時等 事業継続体制の強化、災害復旧活動、社会貢献への取組みが評価され、事業継続及び社会貢献分野にて認証を戴きました。

    内閣府レジリエンス認証取得
  •  
  • 【レジリエンス認証】
    内閣官房国土強靭化推進室が制定した「国土強靭化貢献団体の認証に関するガイドライン」に基づき「一般社団法人 レジリエンスジャパン推進協議会」が、事業継続に関する取り組みを積極的に行っている企業を認証する制度。
    当社は内閣府「レジリエンスジャパン推進協議会」の会員です。


    DEWS(Disaster Emergency Warning System)携帯やテレビよりも早く正確な情報を・・・
    当社では、高度緊急地震速報、大雨洪水・河川氾濫情報、災害時の緊急連絡網用に 高機能防災無線機 「HAZARD TALK」を導入し、スタッフ及びご家族の安全を常に第一に考えております。